タトゥーとの違いとは

Pocket

おそらく、多くの方がアートメイクとタトゥーを混ぜて考えておられると思います。しかしながら、その施術方法は、根本的な部分で異なっていますので、理解しておく必要があります。また、痛みについてですが、タトゥーは一般的に麻酔をせずに施術しますが、アートメイクの場合には、麻酔クリームを用いることが多く、その点のおいてもタトゥーと違いがあることになります。

タトゥーは一度色素を入れてしまうと、その色が抜けることはなく、ほぼ一生色が落ちることはありません。一方、アートメイクの場合は、実は徐々に色が落ち、数年で色がどんどん薄くなります。何故その差が生じるかと言うと、実はその施術する皮膚の層の違いにあります。皮膚には、表面から角質を含む表皮、表皮のまた下層にある真皮から成り立っており、アートメイクとは、表皮に近い部分に専用のニードル(針)を使って色素を入れていきます

つまり、新陳代謝を繰り返すことで、角質が剥がれ、色素も少しずつ薄くなってしまいます。対して、タトゥーの場合は、深い方の真皮の層に色素を入れる為、色が落ちることはなく、一生そのままの状態を保ちます。色素を定着させる為に、アートメイクでは、数回に分けて施術することがあります。